パリーグLIVEのライブ中継をスマホとPCで見る【2020シーズン】

パリーグLIVEのアイキャッチ
3ヶ月遅れで開幕したプロ野球。スマホのスポナビアプリを見ていたら3日間無料でライブ視聴できることを知り試してみました。

詳細を確認するとヤフープレミアム会員なら無料期間以降のパリーグの試合も視聴可能。ラッキー😁

これなら佐々木 朗希選手のデビュー戦も見れそうです。

パリーグ見るならパリーグLIVEで十分でしょう。

パリーグLIVEを無料で見れる方

パリーグLIVEの公式サイト

  • ソフトバンクユーザー
  • ワイモバイルユーザー
  • ヤフープレミアム会員

ソフトバンクグループのユーザーが優遇されていますね。

パリーグLIVEの料金・値段

Yahoo! JAPANにログインしてYahoo!プレミアム会員になりましょう。それだけで契約が完了します。

月額は462円(税抜き)ですが、月の途中からの入会でも一ヶ月分掛かります。でも、よく6ヶ月間無料の広告も見ますし、急ぎでなければ有効活用した方が良いでしょう。

パリーグLIVEの支払い方法はクレジットカードか一部の銀行口座からの引き落としが対応しています。

指定の銀行はジャパンネット銀行、楽天銀行、三菱UFJ銀行の3つです。

スマホのアプリで見る

スポーツナビのアプリからライブ配信を見る
スマホでパリーグLIVEを視聴する場合、スポーツナビのアプリをダウンロードします。
App Store

Google Play

アプリを起動後しログイン中にパリーグの試合を選択すると画面の真ん中あたりに「ライブ配信」が表示されます。それをタップします。


すると、ライブ配信が始まり視聴ができるようになります。

パリーグLIVEがワイド視聴できる
スマホを横にすると大きな画面で見られるようになります。

パソコンのブラウザで見る

パソコンからスポーツナビのサイトへ行く
パソコンでパリーグLIVEを視聴する場合、スポーツナビのサイトへ行きます。

視聴したいパリーグの試合を選択すると、スコア表の下あたりに「ライブ配信」が表示されます。それをクリックします。

スコアボードの下のライブ配信をクリックするとパリーグLIVEが始まる
ヤフーにログイン中だとライブ配信が始まります。

パリーグLIVEを全画面表示
全画面の表示も可能です。

ピクチャーインピクチャーでも野球が観れる
ピクチャーインピクチャーが使えるので仕事をしながらでも視聴ができます。

パリーグLIVEの画面を小さくしたり大きくしたりできる
映像の大きさも変えられるので便利です。

注意点

画質は自動で設定されます。利用者からは変更できません。回線が遅いと低画質になり、高速回線だと高画質になります。

それから遅延があります。テレビ中継より数十秒遅れて配信されています。そのためスポナビアプリの速報の方が結果が早く表示されることがあります。

パリーグの試合を見る他の方法

サービス名 月額料金 他のプラン
パリーグLIVE 462円 ソフトバンク、ワイモバイル、
ヤフープレミアム会員:無料
楽天TV 639円 年額プラン:5,093円
パリーグTV 1,450円 ファンクラブ会員:950円、1day:600円
DAZN 1,750円 ドコモ:980円

税抜き

パリーグLIVEは前述の通りですが、ライブ中継以外のサービスは「過去30日のパリーグ試合が視聴できます」だけになります。それから、テレビやゲーム機での視聴はできません。

楽天TV(パ・リーグ Special)

楽天TV(パ・リーグ Special)は2018年以降のパリーグの試合を振り返れます。パリーグLIVEとは違いテレビやゲーム機でも視聴できます。

面白い機能としては再生速度を変えられることですね。際どいクロスプレーなどはスロー再生で確認ができます。

パリーグTV

パリーグTVは値段が高めです。パリーグ2軍の公式戦(一部)や2012年以降の試合が見れたりとマニア向けになっています。

他には無い機能としてはマルチアングルVOD、実況音声のオンオフ、パソコンでの3試合同時視聴などあります。

DAZN

DAZNはパリーグの他に広島主催のゲームを除くセリーグも視聴できます。

料金は一番高いですが、サッカーも見れるのでスポーツ好きな方向けになっています。

過去の映像(見逃し配信)はパリーグLIVEと同じ1週間です。

ロッテの新人 佐々木 朗希(ささき ろうき)が見たい

パリーグLIVEでロッテ戦の佐々木 朗希が見たい
2019年のドラフトでロッテに1位指名され入団した佐々木 朗希選手。岩手県立の大船渡高校出身。甲子園には出場できなかったものの、全国で話題になりました。

そんな彼のデビュー戦が見たい。160キロを超える速球が見たい。

今は1軍に帯同しながらトレーニング中なので、デビューはもう少し先の話になりそうですが、ライブで見るのを楽しみにしています。

コメント