投げ売りWindows10タブレットTW708/CASを買ったゾ!放置する前にレビューするゾ

TW708/CASとBluetoothキーボード

Windows10タブレットが欲しい切っ掛け

カフェでエレガントに使ってみたかった。訳ではなく、近所のコンビニなどにテーブルがある休憩スペース(イートイン)が増えているので、持ち運び用に小さくて軽いパソコンがあれば便利かな?くらいに思っていました。

簡単なスペック

TW708/CASのスペック

詳しいスペックは公式サイトでどうぞ

LAVIE Tab Wの仕様について|NEC:121ware.com
こちらはLAVIE Tab Wの仕様について記載したページとなります。ノートパソコン・デスクトップパソコンならNECパーソナル商品総合情報サイト121ware.comへ!LAVIEシリーズ製品などのPC情報等を掲載しております。

付属品の違いでTW708/BASは「Office Home and Business 2013」、TW708/CASは「Office 365サービス(1年間)」になっています。

兄弟機にROM 32GB版のTW508/CASもあります。それから旧型のTW708/T1S(Windows 8.1)も中身は同じような感じがします。

他のタブレット、モバイルノートパソコンの候補

ASUS T90Chi

本当はこっちが欲しかった。欲しいなと思っていたときは、まだWindows8.1の64GB版が登場した辺りかと記憶しています。いつ買おうか悩んでるとジワジワ値下げしていき、今度は Windows10の32GBが登場。これならその内に64GB版も出るだろ?と思っていたら販売が終了していました。

ASUS EeeBook X205TAやVivoBook E200HA

こちらも前々から考えていて、タブレットよりキーボードがある方が安定して良いかなという考えもありました。スペックや新型の登場がT90Chiと似ており、できれば64GBが欲しいなと思っていたので今までスルーしてました。

NEC LAVIE Tab W TW708/CASを選んだ理由

TW708にした決め手は投げ売りで特価だったこと。既にBluetoothキーボードがあったので、組み合わせて使えば良いかな?と思ったこと。8インチ台のタブレットが減ってきており、もしかしたら今手に入れないとチャンスを逃すかも?など思い、購入にいたりました。あと、買い取り価格との差がほとんど無かったのも後押ししました。買って直ぐに使い物にならないと判断すれば、売ってしまおうと。

不安点

一番の不安点は買っただけで満足して使わないことです。他の候補を買わなかった理由もこの一点が不安で、ずっと待ちの姿勢でした。

それから8インチな点も不安でした。T90Chiは8.9インチなのに、それより小さくて大丈夫なのか?です。

TW708/CASレビュー

本体の綺麗な写真とかはメディアの記事でどうぞ。

1920×1200表示対応! 8型Winタブ「LAVIE Tab W TW708/CAS」 (1/4)
NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Tab W」シリーズは、機動性と使いやすさを重視したWindowsタブレットだ。今回は8型モデルの上位機種を試すことができたので、製品の特徴や使い勝手を中心にレビューをお届けしよう。

OSはWindows10なのですが、発売されたのはWindows 10 Anniversary Update前なのでクリーンインストールしちゃいます。

まずはOS更新前に初期不良が無いか確認!

TW708/CASを買うと電子書籍ebookJapanの図書券が貰える

電子書籍のebookJapanの図書券2,160円も貰えるので、これもOS更新前にゲット。

念のためUSBメモリーで再セットアップメディアを作成。16GBのUSBメモリーを用意しましたが、作成した中身は2.71GBでした。

USBハブにキーボードとマウスとUSBメモリをセット

USBハブに無線キーボード、無線マウス、ダウンロードしておいたWindows 10 Anniversary Updateが入っているUSBメモリーを繋げて作業開始。

OSが書き込まれているパーティション3を削除して再作成する

パーティション3を削除して、新規で作って、フォーマットしてインストール。

最新の状態にするためOSインストール後にwindows updateをしておく

ネットに繋げて残りの更新をして終了。

TW708/CASにWinsows10をインストールした直後はゴミ箱のアイコンしかありません

インストール後のスッキリしたデスクトップ。このままではタッチすら出来ない状態なので、デバイスマネージャーからドライバを更新。

TW708/CASを起動した直後のタスクマネージャー

起動直後のタスクマネージャー。メモリ消費は1.3GBくらいが最大でした。

CrystalDiskMarkでTW708/CASのeMMCの性能をチェック

ストレージeMMCの読書き速度はこんなもんでしょうか。asciiの記事と似たような数値でした。

USBポートが1つだったり、USB2.0なのが不満でしたが、家にハブがあったので困ることは無かった。速度も読み出しがメインなので心配なさそうです。

試しにモバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 mini 5200mAh」で充電してみたところ、問題なく充電ができていることを確認。

マウスが無くても動かせるが、環境次第でばあったほうが便利なので小さいマウスの購入を検討したい。

100円ショップ・ダイソーで買ったmicroHDMI変換アダプタ

HDMI端子をmicroHDMI端子に変換するアダプタ。100円ショップにあるという口コミを見たので行ってみたら、ダイソーに売っていました。値段も100円です。

24インチの液晶ディスプレイにTW708/CASをmicroHDMIで接続した

ちゃんと出力されるか不安だったので1個だけ買いましたが、問題なく出力されました。小さくて無くしそうな感じがするので、もう2,3個追加で買うつもりです。

BookLive!で買った漫画・東京喰種 トーキョーグール:reの8巻を表示させてみた
TW708/CASにインストールしたOffice2013のExcelを表示

電子書籍(漫画)もExcelも問題なし。当たり前だけど、やっぱり大きい画面がええわ~。ちなみにHDMI接続時の解像度設定とTW708/CASの設定は別に保存されています。自動で切り替わるので便利です。

インストールしたアプリは外で使うことを考えて色々入れている最中です。重すぎて駄目だったり、必要のないアプリも出てくると思うので、ある程度まとまったらOSを再インストールしてアプリを入れ直そうと考えています。

あとがき

過去に店頭でも触れたことがありましたが、思っていた通りタッチ感度は良好で、ディスプレイも綺麗で満足でした。

CPUのAtom Z3736Fが非力なのは知っていましたが、思っていたよりも非力なことを感じます。まあ、Atomの開発は終了なので購入する機会は減っていきますが、次にまたAtomを買うならAtom x7系かx5系にしたいです。

それから、これまで自分はモバイル含め99%と言って良いほどWindows OSを使ってきました。そのせいかWindowsというだけで安心感があります。性能次第になりますが、Windowsなら何でもできそうな感じがするからかもしれません。まあ、自分が変化を嫌う古い人間になってしまったのもあるでしょう。

もちろん、タブレットを買うならiPadやAndroidの方が使い勝手が良いとも感じましたし、若い人なんかはわざわざWindowsタブレットを選ぶ必要は無いと思う。母艦としてパソコンが欲しいのならノートパソコンの方が無難だし、後悔することは少ないはずです。

NEC LAVIE Tab W TW708/CASの投げ売りで購入してから約1ヶ月経ちますが、総評としては値段なりにそこそこ使えるかなでした。

※追記:12インチのノートパソコンで作業するようになってから出番は減ってしまいました。

コメント