NHKの受信料はドコモなど携帯電話大手3社が払えば良いではないか?

NHKのイメージ絵
安倍首相から菅首相に代わってから、携帯料金4割値下げ!という話題をよく見かけるようになりました。

4割値下げってどれくらなのか?というと3,000円ほどの値下げになるそうです。

それぐらいの値下げならNHKの受信料に近い金額だし、一層のこと携帯電話大手3社がNHKの受信料を支払えば良いのではと思いました。

実際にそれが可能な金額なのか確認してみます。

みんなが支払うNHK受信料

今年度のNHK受信料は、地上契約のみで2ヶ月2,620円、衛星放送込みで2ヶ月4,560円になっています。(共に振り込みの場合)

前払いすると少し安くなります。

過去2年間の事業収入(受信料)

  • 2019年度 7,115億円
  • 2018年度 7,122億円

大手携帯3社の営業利益

2018年度 2019年度
ドコモ 8,663億円 7,065億円
KDDI 7,563億円 8,727億円
ソフトバンク 7,037億円 7,308億円

これは3社の営業利益です。ドコモは通信事業に係るもの、KDDIはパーソナルセグメントに係るもの、ソフトバンクはコンシューマ事業及び法人事業に係るものとなっています。

そのため携帯電話利用料だけの数字ではありません。

7,000~8,000億円もあるなら払えるじゃんね?

NHKの受信料7,100億円とした場合、それを3社で割ると1社あたり2,366億円になります。

営業利益の3割くらいの負担になりますが、十分支払える数字に思えます。

(払う方は堪ったもんじゃないですが)

首相が携帯電話料金を下げろと強制するよりは、放送法第64条を改正してNHKの受信料を負担させる方がやり易い気がします。(小並感)

NHKへの批判が減るメリット

室内にあるテレビのイメージ
受信料が高すぎる。スクランブル化しろ。NHKが映らないテレビを販売しろ。ワンセグ機能があるだけで徴収するな。勝手に衛星放送を契約させられた。などなど。

このような苦情が消えます。

それから、NHK受信料の1割掛かっていると言われる徴収コストも無くなります。

ネット配信などして強制的にNHK受信料を徴収してやろうという会議も必要ありません。大手携帯3社が受信料を払うのですから。

大手携帯3社のメリット

そんなものはない…。

それではあまりにも酷いので、NHKのコンテンツを使ったサービスを提供するなどあっても良いと思います。

国民のメリット

可処分所得がちょっと増える。NHKを気にせずワンセグ付きのスマホなどが買える。NHKを解約するために受信機をすべて処分する必要がなくなる。青や赤色のB-CASカードもいらない?

以上、妄言でした。

どんな形でも良いのでさっさと通信料値下げしてください。

コメント